開店祝いの胡蝶蘭・スタンド花・観葉植物。お祝の花をプレゼント、ギフト、贈り物に。

  1. ホーム
  2. 贈る目的で選ぶ
  3. お悔やみ

お悔やみのお花はお供物の1つであるため一般に供花と呼ばれています。

供花は大きく分けて葬式や葬儀にお供えするお花とその後に必要となる法事や法要の際にお供えするお花とがあります。

お供えの花(供花)花を贈る場合のマナーとして、特に重要なことが贈るお花の種類、お届け日と時間帯などが挙げられます。

お花の種類は例えば葬儀などで斎場やホールにお供えする花なのか、法事などでお寺や自宅にお供えする花なのかなど、設置可否を確認し、先様との間柄を加味した上で、お花の種類や大きさなどを考えて贈るようにしましょう。お届け日や時間も重要なポイントで斎場への搬入可能時間や、お葬式や法事の開始時間に間に合うよう手配することが重要です。

また、木札やメッセージカードにはお悔やみの文言を入れずに贈り主の名前だけを記載するケースも多く、入れる場合には「供」と一文字のみ入れるのが一般的です。

全商品 125件

供花スタンド(洋花) 1.5万円コース
通常価格 15,000円(税別)
供花スタンド(和花) 1.5万円コース
通常価格 15,000円(税別)
供花スタンド(洋花) 2万円コース
通常価格 20,000円(税別)
供花スタンド(和花) 2万円コース
通常価格 20,000円(税別)
供花スタンド(洋花) 3万円コース
通常価格 30,000円(税別)
供花スタンド(和花) 3万円コース
通常価格 30,000円(税別)

全商品 125件

お悔やみ別文言の書き方とワンポイントマナー

お悔やみのお花はお供物の1つであるため一般に供花と呼ばれています。

供花は大きく分けて葬式や葬儀にお供えするお花とその後に必要となる法事や法要の際にお供えするお花とがあります。

お供えの花(供花)花を贈る場合のマナーとして、特に重要なことが贈るお花の種類、お届け日と時間帯などが挙げられます。お花の種類は例えば葬儀などで斎場やホールにお供えする花なのか、法事などでお寺や自宅にお供えする花なのかなど、設置可否を確認し、先様との間柄を加味した上で、お花の種類や大きさなどを考えて贈るようにしましょう。

お届け日や時間も重要なポイントで斎場への搬入可能時間や、お葬式や法事の開始時間に間に合うよう手配することが重要です。

また、木札やメッセージカードにはお悔やみの文言を入れずに贈り主の名前だけを記載するケースも多く、入れる場合には「供」と一文字のみ入れるのが一般的です。

お悔やみのお花や供花に添付する立札やメッセージカードの書き方や、どのようなお悔やみ文言を使用すればよいかなどは下記をご参照ください。

お悔やみ文言の使用例

「供」「一周忌」「三回忌」 など

立札を添付する場合の書き方例

メッセージカードを添付する場合の書き方例

お花の当日配送

最短2時間

祝花・供花の配送

スタッフによる設置・開封

ビジネスフラワーの法人向けサービス

コスト・労力削減 信頼の実績

注目の逸品!!

百花の王 牡丹(ぼたん)

牡丹(ぼたん) ピンク 1.5万円コース

お祝い花に希少な一品 日本牡丹(ぼたん)

価格15,000円(税別)

ツボミ状態から開花まで楽しめる牡丹(ぼたん)を生産農園より宅配直送!和の趣あふれる日本牡丹は法人個人問わず様々なお祝い事のフラワーギフト・贈り物にオススメです。

PageTop