お悔やみ

お悔やみ

全125件 /
5,000円〜130,000円(税別)

お悔やみのお花はお供物の1つであるため一般に供花と呼ばれています。
供花は大きく分けて葬式や葬儀にお供えするお花とその後に必要となる法事や法要の際にお供えするお花とがあります。
お供えの花(供花)花を贈る場合のマナーとして、特に重要なことが贈るお花の種類、お届け日と時間帯などが挙げられます。
お花の種類は例えば葬儀などで斎場やホールにお供えする花なのか、法事などでお寺や自宅にお供えする花なのかなど、設置可否を確認し、先様との間柄を加味した上で、お花の種類や大きさなどを考えて贈るようにしましょう。お届け日や時間も重要なポイントで斎場への搬入可能時間や、お葬式や法事の開始時間に間に合うよう手配することが重要です。
また、木札やメッセージカードにはお悔やみの文言を入れずに贈り主の名前だけを記載するケースも多く、入れる場合には「供」と一文字のみ入れるのが一般的です。

お悔やみのお花や供花に添付する立札やメッセージカードの書き方や、どのようなお悔やみ文言を使用すればよいかなどは下記をご参照ください。
お悔やみ文言の使用例
「供」「一周忌」「三回忌」 など
立札を添付する場合の書き方例


メッセージカードを添付する場合の書き方例


お花選びに迷ったら「お花選びアドバイス」もご参考ください。

お悔やみの種類の一覧
お悔やみ全商品の商品検索
  • 商品を絞り込む
お悔やみ全商品の商品検索
  • 商品を絞り込む
お悔やみの種類の一覧